CATEGORY イククル体験談

20代後半の販売員男性です。

仕事の行き来で忙しくそんな日々を送っていたら、高校や大学の友達がSNS上で次々と結婚報告をしていたのです。

20代の後半にもなれば当たり前の話ではあるものの、こう何度も結婚したという報告を目の当たりにすると、おめでたいものの切なさが出てきます。彼女が2年近くいない私は、さすがにこんな状況を打破したいと思いました。

そんな時に出会ったのがマッチングアプリ「イククル」です。たまたま友達がこのアプリを使って出会えたという話を聞いたので、半信半疑で登録してみました。

登録してみてビックリしたのが、みんなみんな堂々と写真を掲載しているというところ。そして、利用している人数が非常に多いところでした。まさかこんなにも利用者がいるとは思っていなかったので、何だか流行に乗り遅れた感覚でした。

年齢・趣味・好み・仕事内容・休日の曜日・身長・体型等細かな自己紹介を掲載しているところには、非常にありがたいなと思いました。早速私も自己紹介を作成し、希望の女性の条件を入力しました。私は平日休みが多いので、なるべくその条件で検索をかけたらかなりいらっしゃってこれまたビックリしました。

早速気になる女性に「いいね」を押して、相手もOKなったらマッチング成立です。そこからメッセージができるようになり、デートの約束等ができるようになるとのことでしたが、マッチングする気配が全くありません。友達に聞いてみたら「複数人にいいねしなければ、なかなかマッチングしない」とのことだったので、条件に合う複数人の女性にいいねをしました。

すると、きちんとマッチングできて非常に嬉しかったのは今でも覚えています。
そこからメッセージをして、趣味や雑談で盛り上がって何だか本当に女性とやり取りできるのだなというのにビックリしていました。特に、お互いに漫画ハンターハンターが好きで、どこの場面が良かった、どのキャラが好きだとかで話が盛り上がったのは非常に楽しかったです。早速お会いしたいということで、デートの約束をしたら、相手の方もオーケーを出してくれました。久しぶりのデートでかなりの緊張でした。

デートの場所は居酒屋、俗に言う居酒屋デートです。場所は埼玉県の大宮で、集合場所は大宮駅。待ち合わせ時間は19時です。

ドキドキしながら大宮駅で待ち合わせしていたら、相手がいらっしゃいました。ちゃんと写真通りの女性がいらっしゃったので、マッチングアプリ内に掲載されている写真はウソではないということが安心した上に信頼感が強いアプリなんだなとつくづく思いました。相手も緊張していたみたいで、お互いぎこちない感じでした。

早速お店に行って乾杯しました。お酒がお互い好きということもあってか、居酒屋デートは非常に楽しかったです。会話内容も、基本的にはメッセージでやり取りしたような雑談・仕事・趣味・漫画等で、そこから会話を盛り上げていきました。プロフィール上では分からなかったですが、明るくて話しやすくて、喋っているこっちも非常に居心地がよかったです。

また、楽しい会話とお酒で場は盛り上がり、また会いたいなというのがお互いに感じ取り、次のデートの約束をしました。この時既に相手の事を意識しておりました。

2回目のデートは水族館です。場所は東京都の池袋で、集合場所は池袋駅。待ち合わせ場所は、お互いの休みを合わせて11時にしました。

前回は居酒屋デートでしたが、今回はちゃんとしたデートで、お互いに恋人気分を味わっていました。久しぶりの水族館を気になる女性と行けるのは非常に嬉しかったです。カップルや家族連れが多い水族館でかつ、暗闇の中を歩くので、お互いの距離も自然と近づいて、いつの間にかくっついて歩いていました。そこから昼食を食べ、ファッションビルで買い物をし、近くのお店でお茶をしました。お互い男女二人きりでデートというのは久しぶりとのことで、最初は軽く緊張していましたが、段々と緊張もほぐれてこちらも楽しんでいました。

辺りは暗くなり、折角のチャンスでここは告白しようと思い、池袋サンシャイン展望台へ行くことにしました。夜景を見ながら、お互い何となくくっついていて、相手から「もっとこれからも一緒にいたいね」と言われたので、逆にビックリしました。本来は男の私から言うはずだったのに、先にそんな事を言われて嬉しい反面悔しい部分もありましたが、ここはきちんと「付き合って下さい」と伝えました。そしたら彼女はこれを「いいよ」と言ってくれて、お互いに付き合うことになりました。その後、展望台を降りて夜ご飯を食べ、付き合いたてかお互いドキドキしながら手を繋いで帰りました。

その後は、彼女と色んなところでデートをして、一緒にお酒を飲んで、楽しい日々を過ごしています。仕事の都合もあってかなかなか恋人ができなかったですが、まさかマッチングアプリできちんと恋人が作れるとは思わなかったです。改めて、マッチングアプリには感謝したいと思っています。