CATEGORY YYC(ワイワイシー)体験談

YYC(ワイワイシー)を活用して7歳下の彼氏と出会い付き合うまでに至りました。今付き合って10ヶ月で7月に結婚予定です。

彼とはYYC(ワイワイシー)で出会いました。当時29歳の私は周囲の目もあり結婚に焦っていて、マッチングアプリや婚活パーティーを頻繁に利用していました。

数多くの男性とやりとりを重ねて、気づいたことがあります。「この人なら結婚しても安心」という人は何人もいるのですが、自分がその人のことを自分よりも優先して大事にできるかと考えた時、そう思える人は誰一人いませんでした。

私の両親はもともと中学の同級生同士の恋愛結婚だったため、自分の頭の中での結婚もそのようなものが当たり前になっていました。

そのことに気づいた時、自分が今まで土日を利用してまるで営業活動のように1日に2人、3人とデートをしていることに疲れを感じて来てしまいました。そうしてアプリのメッセージチェックの回数が減り始めた頃、「いいね!」をくれたのが今の彼でした。

始めは年齢を見て、「遊びかな?年上に憧れる年代だし」とあまり私の方は積極的ではありませんでしたが、不思議とメッセージのやりとりが続いていた頃、私にとってとてもショッキングな出来事が起こりました。

日曜日に朝起きると、父が救急車で運ばれたと連絡が入っていました。それから1週間はバタバタしていてよく記憶にありません。その日、父が手術室に入ってそのまま眼を覚ますことはありませんでした。

あまりに突然のことでショックが大きく、アプリの人から連絡が来ても全く返せませんでした。

そんな時私がこんな状況で返事が返せないにもかかわらず、彼は、心配して連絡をくれて、私の返事が来るまで待っていてくれたことに感動しました。

言葉にすると当たり前のことと思う人もいるでしょうけれど、アプリというネットの繋がりのため、中には父が亡くなったと嘘をついているのでは?と疑ったり、もう連絡は来ないだろうと早々にフェードアウトする人など本当に様々な人がいました。

デートでいい感じになっていた人たちもそういう対応だったため、所詮ネットの繋がりだし信じろという方が無理かと思いました。繋がりの薄さを実感しました。

ただ、彼だけはうまく言えないですが、きちんと私の話を聞いて信じてくれて、それに対して応えてくれていることがわかりました。他の人とは何か違う。と。

そこからは私から積極的なアプローチで、この人を逃しちゃダメだという思いでデートまで持ち込みました。

これで遊ばれても、この人なら後悔しないなと思いました。実際にあった後も、メッセージでの誠実なイメージと変わらず、しっかりした若い青年でした。

彼とのデートはまるで大学生の時のようなここ数年ずっと忘れていた楽しさがありました。彼は専門学校を卒業し春から東京で就職して3ヶ月がたったころです。

そんな彼と何度かデートを重ねた頃、父方の親戚が私が独身であることを心配して縁談の話を持って来てくれました。

彼は22歳で、そんな話急にされても困るだろうなと思いましたが、これでダメになるなら結婚はできない人だと思い、話して見たところ意外な反応が返って来ました。

結婚も真剣に考えているから、縁談には行かなくていい。と言ってくれました。

好きだ!付き合おう!という直接的な言葉はなかったですが、その言葉から、色々と理解しました。

それから数ヶ月は、やはり心変わりが心配で何度も、私でいいの?今ならまだ縁談も間に合うよ?見切るなら早めにしてね?と念押しを繰り返していました。

普通だったら、面倒な女だと捨てるところでしょうが彼はそんなことはせず、きちんと受け止めて安心させてくれました。

年齢は彼が7歳下でずっと若いのに、私の方がよっぽど子供っぽくわがままでした。

今では、何で好きなの?と聞くと顔が面白いとか。変なことばっかり返って来ます。

でもとても大事にしてくれているということが言葉ではなく態度で示してくれるひとなので、本当に出会えてよかったと心から思います。

初めから真剣に考えてくれていたため、同棲やその後の子供の話なども早い段階で話し合えて、あっという間に話が進みました。7月には結婚する予定です。

自分でもこんなことがあるのかと驚きです。